IR基本方針

〈情報開示の基本方針〉

メディパルグループは、経営の透明性と健全性を確保しながら、企業価値を最大限に高めていくことを重視した取組みを行ってまいります。株主や投資家、お客さまをはじめとするすべてのステークホルダーに対して、透明性、公平性、継続性を基本に、金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則(以下「適時開示規則」)に則った情報の開示を行ってまいります。また、諸法令や適時開示規則に該当しない情報についてもステークホルダーに有用と考えられる情報を適切な方法により積極的かつ公平に開示してまいります。

情報開示の方法

「適時開示規則」に該当する会社情報は、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて公開し、その後すみやかに当社ホームページ上に掲載いたします。また、法令・規則に開示の定めのない情報については、当社ホームページへの掲載など最適な方法によって開示してまいります。

業績予想および将来の予測に関する事項

メディパルが開示する情報のうち、業績予想ならびに将来予測は、現時点で入手可能な限られた情報に基づき、当社が判断した予想であり、潜在的なリスクや不確実性が含まれております。そのため様々な要因により、実際の業績などが変動する可能性があることを予めご了承ください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、メディパルグループを取り巻く経済情勢、医療制度改革、市場環境の変化、競争状況などがあります。