事業活動における取組み

メディパルグループは、お得意様の個人情報をはじめ、さまざまな情報を保有しています。これらの情報を管理し保全することもメディパルグループの重要な社会的責任です。システムなどのハード面の対策に加えて、情報を取り扱う社員への教育が重要と考え、ハード、ソフトの両面でさまざまな対策を実践し、情報管理の徹底を図っています。

情報セキュリティ・ポリシーを制定しています

情報管理の基準として、メディパルグループ共通の「情報セキュリティ・ポリシー」を制定しています。
また、情報管理の徹底のために、情報管理最高責任者を頂点に、各部署には管理者、担当者を置く社内体制を構築しています。

情報セキュリティ教育を実施しています

メディパルグループでは、情報管理は情報を取り扱う社員一人ひとりの意識が最も重要であると考えています。そのため、オンライン研修などによる定期的な情報セキュリティ教育、情報取扱いの注意点を全員で唱和する「情報管理の誓い」の定期的な実施および社内ネットワークでの情報管理の啓発を行っています。

メディパルグループ情報セキュリティ講座

各種システムによるセキュリティ対策を行っています

メディパルグループでは、各社においてウイルス対策、不正アクセス対策、モバイルパソコンのデータ暗号化など、情報の保全および漏洩についてのセキュリティ対策を実施しています。