PMS(Post Marketing Surveillance)

メディパルが創造する新規事業
PMSを通じて安全・安心な医療に貢献

医療機関とのネットワークを活かし、
PMS(製造販売後調査)支援業務を実施しています。

PMS(Post Marketing Surveillance)は、医薬品や医療機器が販売された後に行われる品質、有効性および安全性の確保を図るための調査です。

医薬品は、臨床試験(治験)後、国の承認を経て販売されますが、治験では少数の患者さまによる限られたデータしか収集できません。そのため販売後の多くの患者さまによるデータは大変重要な情報です。こうした情報をPMSによって収集することで、医薬品の新たな作用や副作用を知ることができ、適正使用の推進につながります。

メディパルグループでは、これまでの医薬品流通業において培ってきた医療機関との信頼関係や専門知識を有する人材を最大限に活用し、製薬企業から市販直後調査や使用成績調査と呼ばれるPMS業務の一部を受託し実施しています。

医薬品を医療機関にお届けするだけにとどまらず、その先の患者さままで見据えた、メディパルグループの新たな取組みです。

医療機関とのネットワークを活かし、PMS支援業務を実施 使用成績調査の流れ

メディパルグループの強みを活用し、医療に貢献できる新たな事業を展開

株式会社メディパルホールディングス 常務取締役 依田俊英